So-net無料ブログ作成
検索選択
夢日記 ブログトップ

マンション見学会 [夢日記]

とーちゃんとマンションの説明会に行くことになった。
巨大なマンション。
まるでどこかの遊園地のアトラクションのよう。

こりゃ、完全に冷やかしだなって私は思う。

そこでエドはるみ率いる江戸の町人軍団が、
なぜかトラックに乗って壁にぶつかるという寸劇サービス。

一番後ろでコケた、その町人があまりにおかしく、
私は笑いのツボに入ってしまう。
「そんなにおもしろかったか?」と不思議がるとーちゃんの横で、
しばらく笑いがおさまらない。(^◇T)ヒイ~

営業マンにホールに連れていかれる。
天井までの巨大な吹き抜け。
とーちゃん、「おい、ここの位置からなら、中の部屋が見えるぞ」
って言うや否や、営業マンに書類で頭をたたかれる。
こんな許しがたい行為に、いつもなら怒るとーちゃんが平気。
ん?


とーちゃんが言う。
「こちらの部屋に来てみろよ、海が見える」

ん?海?
ありえないよ。
でも、さっきエレベーターから出てきた浮き輪を持った親子が泳いでいる。

その部屋に行ってみると、すぐそこが砂浜。
しかも真っ白く輝く砂!
砂?
よ~く見ると、それはプラスチックだった。

巨大なプールがあるの?

とーちゃんのいるほうの窓から見ると、
さっきとは違ったアングルの砂浜。

ああ、この窓は、海を映し出しているのね。
生中継のバーチャル版みたいなもの?

でも、ここでも私は気づく。
汚れ。
一見、きれいなんだけど、よく見ると、汚い。

すでに契約していて暮らしている人たちの表情もなんか変。
ロボットみたいな、
変におどおどしているみたいな。

またまた営業マンの声。
ここにすでに住んでいる人たちと、
本日の見学者たちとで、運動会のようなことをするという。

私はなにやらいや~な感覚に襲われ、
とーちゃんに、ここから出ようという。
でもとーちゃんは、買う気満々。

気が進まなかったので、私は見学に回る。
大運動会が始まった。
廊下の向こうから、仮装した人たちが走ってくる。
赤レンジャー、ネオスさん? なわけない。
「とだひさ~ん」
赤レンジャーのとなりに走っている意味不明の仮装の人から声かけられる。
くろちゃんだ。なんで?

とーちゃんたちは自転車で走り回っている。
なんで自転車? そんなに広くないのに。
「4階と8階にらせん坂があるんだよ~」と、通りすがりの人に説明される。

???
変だ?

とーちゃん、やめよう、ここは変だと
呼びにいくために、エレベーターに乗ろうとした。
エレベーター手前のポールが、
突然プワーッと膨れだし、
巨大なタコの風船の鉢巻がないみたいなオバケに!
「見たな~、気づいたな~」

ここで目が覚めた。

二度寝するとろくな夢を見ない。
久々に夢の話でした。
私、全体的に自分が探偵になったり、
SFの世界に入っちゃう夢が多いです。
nice!(0)  コメント(0) 

「起きろ!」 [2006年08月23日(Wed)の記事] [夢日記]

後ろからアンドロイドが追いかけてくる。
部屋に逃げ込み、ドアをピシャッと閉める。
ふと、窓の外を見ると、オレンジ色の光っている雲が、
なんと、眼下に広がっている。
こんな下にこの雲が降りてきているのは珍しい。
写真をとろう!!

あ、いけない。バッテリーを冷凍室に置いたまま。
ドアの外にはアンドロイド。
隙を見て、ドアを開けて冷凍室に直行。
すぐさままたドアを閉める。
寒い。凍えそう…。
あったあった、デジカメのバッテリーが。

突然、
「起きろ!!!」
と金属的な男性の声。
びっくりして飛び上がる。

ってところで目が覚めた。

そ、これ、数日前にしかけたおもしろ着メロのアラーム音。
5時に合わせていたけど、ここ数日、すでに起きていて、
走っていたり、家事していたりで
じかに聞いておらず、
すっかり記憶の中から消えていた。

そういや、とーちゃんが
「変な時間に変な目覚まし音がしたぞ~」って。
これだったんだ~。


nice!(0)  コメント(3) 

旧ブログから一部、こちらに順次移していきます [夢日記]

こちらSo-netブログは、1冊でも本にできるらしいので、
記憶に残しておきたい旧ブログの過去記事を
一部こちらに移します。
おひまだったら、読んでね。
nice!(0)  コメント(7) 

三位一体 [2005年06月22日(Wed)] [夢日記]

アタックナンバー1の三位一体、ママさんバレーでやってくれるとは…。

タイムをとって作戦ねる。
「ほかの二人はそんなに強打じゃない、サリーのだけ止めろ。
 ブロックはサリーだけね」
「おおっ!」

タタタタッ、来るぞ来るぞ、
私はど真ん中でレシーブ張る。
ブロックがんばれよ。
お、おい、間が空いているぞ!
バシッ!

顔面めがけてボールが飛んできた。
シュワッチ、ウルトラマンポーズ

ここで目が覚める。
電車の中…。
挙げた手を決まり悪く下ろしたのでありました。

nice!(0)  コメント(0) 

トイレの夢① [2005年05月25日(Wed)] [夢日記]

結構、トイレの夢って見ないですか。
私、わりと見るんです。それも決まっていろいろな用を足せない事情が発生するんですが。
毎回、もしもその事情がなくて用を足せちゃったらどうなるのかしらとふと汗が出ますけど。
************************************

雲ひとつない青空。
頬に当たる風が心地よい。
地面は金色に輝く砂、砂、砂。
左手にやはり太陽の光を反射して金色に輝く壁が万里の長城みたいに続いている。
よくよく見ると、ピラミッドみたいに石が積み上げられている。
壁の向こうには何があるのだろう。
登ってみよう。
ヨイショヨイショヨイショ…
サーッと視界が開ける。
地平線の向こうまでずっとずっとずっと
そ、和式トイレがきちんと並んでず〜〜〜っと地平線かなたまで並んでいたんです。
トイレまで太陽の光に反射してピカピカ光っておりました。

nice!(0)  コメント(0) 

朝もや新宿アルタ前 [2005年05月23日(Mon)] [夢日記]


忘れない夢がいくつかあります。
頼むからフロイドの夢診断なんてしちゃやだよ。
一つずつ書き残していこうかなって。
*****************************

うん? ここは新宿アルタ前?
霧がかかっていてよくわからない。
あ、地下鉄の入口がある。
このまま霧の中にいても仕方ないから降りてみよう。
普通の階段のはずが、途中から色とりどりの、しかも形のバラバラの階段になる。
降りづらいじゃん。
あ〜あ!!
(ゴロゴロ…、ドッターン)

何何、ここはどこ?
なんかひょっとしてステージの上じゃん。
げっ、観客いるじゃん。
あれ? 人間じゃない。
トイストーリーのUFOキャッチャーで取られたあの緑の火星人みたいなやつが、いっぱいいっぱい、大中小…と。
ぎょ、スポットライトまで当たってしまった。
え、何か、芸しなくちゃいかんの。
ということで、
仕方ないから、一番短く終わるやつ、ハトポッポの、ポッポッポ〜って歌おうとして
目が覚めました。

nice!(0)  コメント(0) 

でっかいやっこさん (2005年5月23日記事) [夢日記]

私はよく変な夢を見る。
ここのブログは本にできるというので、
旧ブログから夢日記シリーズを引っ張ってくることにしました。
***************************
銀座四丁目の交差点。
あれ、わが長女が時計のところに立っているじゃん。
あ、だめだめ、12時に時計を合わせちゃだめ。大変なことになるよ〜!(汗)
せっかく教えてあげたのに、長女は時計を12時に合わせてしまった。
ボーンボーン
ビルにヒビが入る。
ドドドド、
何か出てきた。巨大ヤッコだ。あの凧によく描かれる絵のようなやっこさんが出てきたよ。
そしてポーズ。そ、あの「電線に、スズメが3羽とまって…」のあのオットットポーズ。
数秒そのポーズしていたかと思うと、巨大ヤッコは
「オットットット〜」と言いながら、銀座のビルを蛇行していくのであった。
「オットットット」…、ガッシャーン(ビルがぶつかるたびに壊れる)
「オットットット〜」、ガッシャーン
あとにはやっこさんが壊したビルの残骸が…
nice!(0)  コメント(0) 
夢日記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。