So-net無料ブログ作成
検索選択

東京マラソン2012 [大会レポート]

2008年に一度当たって、今回は2回目。
記録は過去ワースト5時間42分でした。

でも、初めてゴールで泣けました。

辛かったからじゃ、ありません。
自分が生きていること、走れていること、
自分はたくさんの人に支えられながら生きているんだと実感できたこと等々、
とにかく、すべてのことに感謝したい気持ちになったから。

東京マラソンは単なるお祭りじゃないと思います。
一人でも多くの人に、これを体験してほしい。
心から、そう思います。

さて、レポ。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

受付は済ませてあるので、とにかく8時半まで荷物を預けるため、新宿中央公園に向かう。
私は今回も参宮橋から。
2008年にそういうことをする人はほとんどいなかったが、
今回は駅前で待ち合わせているグループもいた。
小田急線組なら、こちらからのほうが絶対いいなって思う。

今回はゴール予想を5時間45分として提出していたから、
後ろから2番目ぐらいのグループになるかなと思った。
なんと、最後尾。
そのKグループまでいくのに大渋滞。
P1010245s.jpg

どうせ最後尾グループなら、本当に最後尾をねらおうとしたけど、どんどん前に行かされる。
なら、この集団のそばにいればテレビに映るかななんて一緒にいたけど、
結局押し出されてしまった。
これ、東京都の職員なんですよ。
1市町村から1名ずつ出ているんだって。
P1010248s.jpg

号砲。
オーッと、みんな盛り上がる。
でも一向に動く気配なし。

10分ぐらいか、もっと経過したか、やっとゾロゾロ歩きだす。
都庁の前あたりから小走り状態になり、石原都知事に手を振りながらスタート。

小走り状態が続く。
今回はこれでOK。
走れなくなっているのと、東京マラソンを楽しむつもりでいたから。

まずは1つ手前のグループにいる友に追いつければと、
ちょっと緩めのジョギング
きっとこのペースなら、20kmぐらいで追いつけるかなと。

集団のペースは遅めのジョギング。
さすがに遅いので、速い流れの後ろにつく。

ガード前の6車線ど真ん中。
いつも車が行き交うこの場所を、人間様が走っている。

P1010253s.jpg

右側がすいていたけど、友の待つ左側へ。

曙橋、黄色い幟が目立つ。
いたいた、応援してくれる仲間。
P1010255s.jpg
ありがとう、みんな。

10kmぐらいから歩いている人たちが落ちてきた。
一人ずつ、のろのろジョギングながら抜いていく。

おばあさんが走っていた。
「失礼ですが、おいくつですか」
「70歳よ~。私ができるんだから、あなたもこの歳まで絶対走ってね。
 まだまだ若いわよ~」
って、逆エールをもらう。
ローラ・チャンさんが苦しそ~。
「がんばれ~」って声かけたら、こちらを振り向いてニコッてしてくれた。

有楽町のガード下だったか、どこかのガード下で、
みんな手を挙げているから、また、写真撮影スポットかと思ったら、
「YMCA」だった。
みんなで「ワーイ・エム・シエ♪」って
踊り歌いながら通過。


P1010257s.jpg

品川折り返す。


20km、銀座。
P1010258s.jpg

仮装のゆりかもめ集団もかなりバラけてきているみたい。

浅草についたら、早くついたゆりかもめのメンバーが
踊っていた?

脚、やぱりここらで攣りそうになる。

苦しくなったら、沿道によって、ハイタッチ
応援の人たちから元気もらう。
チョコとか飴とか、応援してくれている人たちがくれる。
エイドより、こちらでもらったお菓子のほうがたくさん食べたかも。

スカイツリー。初めて見た。
P1010259s.jpg

35km手前で「とだひさ~ん」って呼びかけられる。
Iちゃんだった。
「これ♪」
手渡されたのはピュレグミレモン。
それにしても、よく見つけてくれた。
ランナーから応援してくれる人を見つけないと、
本当に会えないのに。本当にありがとう♪

疲れが出てきた。歩く。
どこも攣っていないし、痛くない。
ただ疲れてきた。

さっき、がんばって~って声をかけたローラちゃんが、
隣に走ってる!

どんなにゆっくりでも、やはり歩くより走るほうが速いんだな。
ローラちゃんと並走。
カメラアングル意識して、映る場所に移動しながら(爆)
でも、あとからみたら、ローラちゃん自体があまり中継されなくて、
(でも映ったよ)

銀座4丁目。
2008年のときには攣り地獄、脱水症状で朦朧と走って覚えていない場所。
今回は徳島大学集団が阿波踊りをしていたので
混ぜてもらって踊ろうとしたら、ピッキーン。
はい、攣りました。おバカよね。
で、再び歩く。
そこをヘリから中継されてたよ。トホホ

38km通過。これで、関門突破。完走見えた。
ローラちゃんと抜きつ抜かれつ。

私設エイドの味噌汁をもらう。おいし~♪
(ありがとうございました)

「おかあさ~ん」
え?
なんと、長女ととーちゃんがいた!
一度も応援に来てくれたことのない家族。
今回、朝、一緒に行こうかなと言っていたくせに、
やはり眠いといって、寝てたのよ。
それがここで応援にきてくれていた。
俄然、力、入りました。

ペースアップ、ぐんぐん抜く。
並走していたローラちゃんをおいて。
というか、ここらあたりになると、かなりみんな歩いていて、
走っていれば追い抜くって感じ。

佃大橋は歩く。だって上りなんだもん。
上りきったところで、再び走る。

ミニー応援団いた~!!
なんか泣けてきた。
なので、写真撮る気持ちの余裕なし。
「これ、いるでしょ」って手渡されたのは、エアーサロンパス。

再び黄色い幟。
曙橋で応援してくれていた面々。
ありがとう。
泣けてきて、まともにみんなの顔見られない。

脚はパンパン。痙攣してる。
今回の目標の一つ、ゴール前の300m直線で爆走する!

ちょっとチョンボして、有明の上りきったところで歩いて体力温存。
右折。ゴールが見える。

スイッチ、オン!!!

観客席の前を、走る走る。
遅い集団だから、抜くなんてもんじゃ~。
何人抜いたか? ゴール~~~

涙が止まらなかった。
辛かったからじゃないよ。
感謝かな、
本当に幸せで。

メダルをかけてもらい、アミノをもらい~、みかんもらい~、
エアサロンパス再びもらい~

やっと落ち着いたところで、スタッフの方に撮ってもらいました。

0226s.jpg

東京マラソン、主催してくれた方、ボランティアの方、
沿道の応援のみなさん、そして、お友達、家族…
みんなに支えられて走れたんだなって。

みなさん、本当にありがとうございました。
幸せな一日でした。
nice!(1)  コメント(4) 

ホバー(プランク) [トレーニング]

腕立て伏せの前のあの姿勢、ホバーとか、プランクとかいうらしい。
体重MAXだったころ(東京マラソン1カ月前)、
腕立て伏せをやろうとして、その体勢を維持できない自分に気付いた。
今の職場に転職してから、
食べる量は変わらないのに、あれよあれよと太りだし、
とうとう自分が危険区域とする体重になってしまった。
モムちゃんダイエットとかでも、筋肉の重要性がうたわれていたから、
ならば、やってみようと腕立てしようとして、
腕立てより、ホバーの姿勢が苦しいのがわかったというわけで。

なので、みんなにどれくらいできるって聞き回る。
聞く相手がランナーが多いからか、
1分ならOK、2分までできたけど、そのあたりでやめたという方が数名。
90秒かなという方が数名。

とにかく私みたいに30秒という方はあまりなかった。

太った原因も、
速く走れなくなった原因の一つも、
明らかに体幹の筋力の衰えにあることを確信。

これからがんばります。

今日、初めて、1分越えられた。
数えるのが苦手で、ストップウォッチを使った。

1分、とにかく1分、もう少しだ、1分…ってやったら
できた♪ 初1分!

数えるのも体力がいるのか、数字が見えるから頑張れたのか、
はたまた、少しずつやっていたから、少しは筋肉が復活しているのか、
とにかく、やっと1分できました♪

あ、そうそう、東京マラソン当日から(ここ強調)
強烈な筋肉痛。
でも火曜で治ったので、
水曜は雪だったから木曜から神田川ラン(ウォーク)(片道)を再開。
やっぱり気持ちいい~。
木曜の神田川、こんな感じ

0302s.jpg

さすがに、1キロ10分ペースでは無理だった。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。