So-net無料ブログ作成

老後はお金が要る [介護]

まだ、頭がついていかなくて、正確にわかっていないけど、
脳梗塞で倒れたオババ、
どうやら、これからすごくお金がかかりそう。

入院費とか、そういうのは想定内だったけど、
急性期が過ぎて、安定期にリハビリ期に入ると、
リハビリ施設に入ることになる。

まだそこまで、一応、想定内。

問題は、そこからで、その施設にずっと入れるわけではない。
3か月ほどしたら、老人ホームか、老健施設、もしくは在宅介護となるわけである。

兄弟3人いるからなんとかなりそうに見えるけど、
わが兄弟、本当にここまで普通の暮らし並みになるまでが大変だったビンボー家族。
夫婦共働きで、ようやっと世間並みの暮らしに、みんなが落ち着いたところ。
そして、みんながみんな、まだ現役である。
つまり、みんな、昼間は仕事があり、その仕事を辞めるわけにもいかない状態。
イコール、在宅介護は不可能。

となると、やはり施設なんだけど、
入居時に380万から1000万、場合によってはそれ以上、
そして月々18万から35万、かかるみたいなのだ。
これに介護保険1割分負担とおむつなどの消耗品その他もろもろ。
500人以上待っているという特養でさえ、18万ぐらいかかる。

病院なら、高額医療制度が使えるけど、施設ならどうなるのか、
介護保険との絡みは?
まだまだわからないことだらけ。

わかったのは、とにかく、ひとりの人間に、
毎日ホテルに泊まるぐらいの費用がかかるってこと。

自分が倒れたときのために、ある程度、貯金しておかないと、
子どもたちがたいへんだってこと。

だから、みんな貯金する。
だから、お金が回らなくなって、不景気になる。

かといって、介護や医療の現場の人たちの待遇は、
その労力に見合ったものだとは、けっして言えない。
もっと、誇りを持って仕事ができるように、特に介護の人たちのお給料をあげてもらいたいとも思う。

人が人として、自然にその命を全うできる環境、
どうしたらできるんだろう。
日本は医療技術が進んで長生きできるようにはなったけど、
ただ、生かしているだけで、とても人としての尊厳を大事にしているとは思えない。
長生きさせるのと同時に、残された人生、寝たきりになった本人、家族が
人らしく生きていける方法を、国レベルでつくりあげていかないと。

寝たきり、チューブ生活なら、自分なら自然に逝かせてもらいたいと思う。
その状態で、自分は何もできなくて、
自分が長生きすれば、それだけ子どもたちにお金や介護の負担を強いることになる。
きっとオババも、いま、すごくつらいと思う。
まだ本人は自宅に戻れると思っているけど、それ、無理なんだよね。

わが親族も、先送りしていた問題に向き合わなければならないときが来た。


nice!(0)  コメント(3) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。