So-net無料ブログ作成
検索選択

自分のからだを実験台にしてみます [ランニング]

NHKスペシャル ミラクルボディの再放送を見た。
エチオピアやケニアのマラソン選手が、なぜ速くフルマラソンを完走できるのかを検証したもの。

・つま先着地による省エネ走法
・大きく強靭な心臓
・濃いのにサラサラ流れる小粒化した赤血球
・自分を信じる
・貧しい生活から脱却するため、生活がかかっているというハングリー精神

この5つだったかなと思う。
・つま先走法は、幼いころから、裸足で起伏の激しいコースを走っていたので、自然、一番衝撃のない走り方が身に着いた。
・高地練習で、心肺機能が強くなった

このあたりは、昨今のマラソン雑誌の記事である程度予測がついたけど、科学的に検証されたのは大きいと思う。

特にマカウのふくらはぎの奥の筋肉が、日本の選手よりずっと太く大きかったことが印象的だった。

実は4月末にマリンシューズを履いて、
調子よく走れて、
その後、5月に松葉づえになった。
傷めた場所が、まさしくここ!

合点いった!

これだ、ここの筋肉が私は弱いんだって。

0721.jpg

朝、たまたま昨日買ったウォーターシューズで走った。
昨日、ただ、軽いからという理由だけで買った靴。

ほとんど、裸足と同じ感覚で走れる。
普通に走ると衝撃があるから、自然、つま先に近い部分からの着地になる。

驚いたのは、ガラスに映った自分の姿。
普通の靴でかなり意識しないとできなかった姿勢で自然に走れていた。

半日経って、からだが異常にだるくなった。
だるくなって仕方ない筋肉は奥のところ。
ふくらはぎの奥もだるいし、おなかと背中の間のところもだるい。
ここを鍛えられたら、ひょっとして痩せられるのではないか?

朝、ほんの少しでもいいから、この靴で走ってみよう。
プールでほぐして、通勤の行き帰り、このシューズを履いて通ったら、
徐々に鍛えられるのではないかしら。
傷めた経験があるから、長い距離のときは、普通のシューズで。

自分のからだを実験台にして検証してみます。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。