So-net無料ブログ作成

私の十二指腸潰瘍、治ったかも。

みぞおちがシクシクしだしたのは、
まだ、前のクリニックに勤めていた7月頃。

空腹になる時間帯にシクシクしだす。
クリニック勤務なんだから、院長に診てもらえればいいのに、
あまりに身近な人間に診てもらうのは超恥ずかしく、
かつ、あそこで胃カメラはやりたくなく…。
そんなこんなしてたら、かなりひどいことになってくる。

過去の経験から、
これは絶対十二指腸潰瘍だって確信。

前に十二指腸潰瘍で医者にかかったとき
自分の場合は、通常より胃酸が多いと言われた。
自分の胃酸で自分に消化器を痛みつけてしまうらしい。

そこのストレスが加わると、なおさら潰瘍になりやすいとのこと。
小さな潰瘍なら、健康体の人でもできるんだって。
でもすぐに治るらしい。
シクシクするまでなるというのは、治るスピードより、
ひどくなる要素のほうが多く速いとき。

そう、7月は、もう出社するのがいやでいやで、
そのいやだという気持ちが、自分をかなり追いつめていたんだと思う。
そこに加えて、なかなか転職できず。
「その年だと、もうほかでは雇ってもらえないでしょう」という院長の言葉どおりになるのが
すごく悔しくて、情けなくて。
もう終わっちゃったんだな。
給料がいいから、感謝しなくちゃな。
でもやっぱり、ここに自分がいるってこと、かなり違和感を感じるんだけど…って、
そんな気持ちの毎日。

自分の胃酸で自分を傷つけているのなら、
常に膜を張った状態にすればいい。
つまり、いつもおなかに牛乳系のなにかが入っていればいいわけで。

市販の薬は、胃の壁の保護剤と、胃酸を抑える薬が入っているらしいが、
この胃酸を抑えるというのは、クセになりやすいとも聞いたことがある。
できるなら、薬より、自分のやり方でやってみたかったけど
クリニック勤めゆえ、いつも患者さんの前にいるわけで、
せいぜい飲めても、お茶程度。それもままならず。

なので市販の薬で対応する。
でも、いっこうに良くならず。
かえってひどくなったような気も…。

そんなときに転職成功。
8月から新職場で勤務しだした。

あいかわらず、シクシク。
自分では、クリニック退職の解放感いっぱいで幸せいっぱいなつもりだったけど、
やはり新しい環境に対するストレスも、けっこうあったと思われる。

ここは、ぬるめのコーンポタージュ、またはぬるめのカフェオレを
1時間おきでも飲める環境。
とにかく実践。

シクシクしだす前に、とにかく飲む。

そして今日、とうとうまったく違和感のない朝を迎えた。
ひょっとして治ったかな。
まだ安心はできないけど、
いい感じ。

自分の場合は、市販の薬より、まず、コーンポタージュだと改めて確信。
ちなみにコーンポタージュ、いろいろ試したけど、
私はやっぱり、クノールのが好き♪
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
ぱらむ

ストレスがあるということを教えてくれる場所(弱点)って、だれにでもあるようですね。私も胆道に問題を抱えているらしく、ストレスがたまったり、異常につかれたりすると、てきめんです。
シクシクし始めます。
でも、事態が改善したり、ストレスの原因を取り除けたりすると、数日ですっきりしてしまいます。
警報装置みたいなものなので、無理に治そうとしなくてもいいかな・・・なんて思ってってます。
とだひさんの日記を読んで、「なんだか、おなじだ・・・」と思いました^^
by ぱらむ (2011-08-21 10:42) 

todahi

○ぱらむさん
 ストレスがあって胃にくるパターンが一番多いですね。
 あと、下痢になるとか。
 ぱらむさんは、胆道なんですね。
 あまりそこが悪いとは聞いたことがない場所でイメージしにくいですが、大丈夫ですか。
 自分も自分で治そうとか思うくせに、
 人がそうしようとすると、お医者さんに行ったほうがいいような気がしてしまう。(爆)
 ぱらむさんも無理しないでくださいね。
by todahi (2011-08-22 01:32) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。