So-net無料ブログ作成

オババが倒れた [出来事]

P1000954s.jpg

強羅から湯本まで、箱根登山鉄道始発に乗り、ダウンヒル。
その後、御幸ヶ浜で、2時間ほど泳ぐ。
今日は、なんて充実しているんだと思っていた矢先、
義理の弟から電話。

オババが倒れた。
柿生の駅そばで、救急車に搬送された。
意識がない…

弟の車で、小田原からすっ飛ばす。
とうとう、こういう日が来た。
でも、自宅で一人のときじゃなくてよかった。
通行人が通報してくれたって。

病院に着くと、オババは目が覚めていた。
元気じゃん、よかった…

みんなで喜んだ。
でも、その後の先生の説明を聞いて、
再び、えらいことのなっていることを自覚。

原因は心臓血栓による脳梗塞。
そして脳内出血。

心臓の心房と言われるところに血栓のかたまりがあり、
その一部が脳に飛んで脳梗塞。
一部が破裂して、脳内出血。

つまり予断を許さない状況で、
復活しても、マヒは残る、
一人暮らしは、もう無理だということらしい。

出血と血栓が同時なので、投薬もかなり難しいらしい。

ずっとずっと先延ばししていた問題。
これからどうするか、どうなるのか。

簡単には特養には入れないだろう。
いま、入院しているのは救急病院。

新入社員の私は、簡単には休めない。
まだ有給休暇も発生していないし。

ま、なるようにしかならないだろう。

ただ、唯一の救いは、オババは貯金していた。
いつもお金がないっていうから、
負担してあげていたりしたけど、
何のことはない、我が家よりお金を持っていた。

ジジ、義兄のときのように入院費を心配しなくても、
とりあえずは大丈夫。


nice!(1)  コメント(4) 

nice! 1

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
ぱらむ

救急病院から退院するときには、必ず転院先を紹介してもらうこと。
その後回復してきて、転院先を紹介できない事態に至ったら、老健をさがすこと。
老健も最長で6か月くらいだけど、その先が見つからない状態で不用意に動かないこと。
ダメと言われても頑張るくらいじゃないと、行き先のない状況に簡単に追い込まれる。(特養は富士山頂くらいとどかないことが多い)
家族が診るのは、あまりに負担が多くなってしまう。

(介護認定受けてるよね?もしまだだったら、病状が落ち着いたら、すぐしたほうがいい。)

by ぱらむ (2011-08-16 18:43) 

todahi

○ぱらむさん
 やはり経験者の言葉は重いですね。
 義兄と義弟が今日、休みだったので、さっそく申請書類をもらいに行ってもらいました。
 まだだったのよ。本当に寸前まで認知もなく元気だったから。
 ダメと言われても頑張ります。
 というより、どのうちにも余裕がなくて、
 (人が昼間にいなくて)
 探すしかないんだよね。
by todahi (2011-08-16 19:39) 

ぱらむ

これから先のことだけど、何か申告しなくてはいけないときに、
昼間人がいないから・・・と言うと、ディサービスで昼間は見てもらえる云々となると思う。
でも、本当に大変なのは夜。
昼夜逆転したり、頻繁にトイレの面倒をみたりと、家族は睡眠不足になってしまう。
認知があれば大変、なければもっと大変。
しっかりした頭で、身動きができないのが本人にとってのすさまじいストレスになる。
その結果は家族の負担が膨大に。
とにかく、情報をさがして、自分に大きな負担を背負い込まないようにね。

by ぱらむ (2011-08-17 10:20) 

todahi

○ぱらむさん
 たぶん、オババは、もう自宅には戻らないと思います。
 かといって、我が家を含め、他の兄弟のところも、
 夫婦ともども、夜遅くまで働いているので、引き取ることもできません。
 なんとか、病院を探して、いろいろな病院のお世話になると思います。
 病院探しが、これから一番のネックになるかな。
by todahi (2011-08-18 07:59) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。