So-net無料ブログ作成

転職活動、いまや、ネットの時代 [仕事、頑張ってます]

よくもまあ、転職できたもんだと、
我ながら感心する。

お世話になった代々木の広告デザイン会社に就職した9年前は、
折り込み広告、新聞広告が主たる媒体だったけど、
今回の転職で思ったのは、もうそれでは遅いということ。

震災の影響で、求人は減り、求職者は増え…
木曜朝一番に出た求人に、その日の午後には10人以上紹介している状態だったり。
まして、自分は、もういい年齢で、ハローワークの人にもかなり厳しいって言われていた。

折り込みが入ってくるのは、日曜の新聞。
でも、その広告は土曜日にはネットで流れている。
企業によっては、ハローワークに同時に出すところも多い。
ハローワークも即日、ネットに載せている。
つまり、企業にとっては同時でも、
紙媒体だけに頼っている人と、ネット検索している人では、
数日の差が出てくる。

この数日の差が、問題なのです。

企業がまだ求人に慣れていない時間帯がチャンス。
求人広告が出た翌日の午前中までが勝負なわけ。
つまり、この時間帯なら、連絡がとれた時点で面接の可能性が高くなるということ。

それを過ぎると、特に事務職の場合、
企業も、あまりの求職者の多さにうんざりしてきて
「履歴書をまず送ってください」となるわけ。
ひどいときには、電話で打ち切るときもある。

そうなると、自分のように、年齢だけで区切られる可能性が高い場合、
言われたとおり履歴書を送っても確率として読んでもさえもらえないことになるわけです。

現に自分も求人事務をしていたとき、
かなり優秀な人がいても、その人が40歳以上だったら、
社長は読みもしないで却下していた。

だからネットなんです。
ネットで土曜に出た会社に、
ネット応募できるところはその日のうちにネット応募、
履歴書を送るところはその次の日には到着するように送る。

企業に到着するのは、月曜の午前中。
普通の人たちは、これから電話してってタイミングだから、
まだうんざりするほど、履歴書が届いていない。
だからこの年齢の履歴書でも、目を通してもらえるわけで…。

そうこうして、3度目の正直ならぬ、3度目の面接で、採用されました。
書類選考(ネット応募も含む)で落ちた会社、どのくらいだろう?
もはや、数えきれません。

何が不安だったって、こんなことしていたら、
ランナー友やバレー仲間がいる会社に応募しちゃうんじゃないかってこと。
面接に行ったら、面接官が友達だったなんて笑えない状況になる可能性があるくらい、
それだけ活動してました。

とにかく、昔に比べて、応募者も、履歴書を送るよりは気軽なネット応募する人が多いから、
企業は、たくさんの中から選べるわけ。
ここに不景気が加わるから、本当にスピードで勝負するしかない。

この年齢でも転職できたから、
求職中の人も諦めないで頑張ってほしいです。

でも、履歴書が送り返されたり、メールで不採用通知が届くたびに
自分を否定しそうにもなったのも事実。

そんなとき、なでしこジャパンの決勝戦を見ました。
澤選手が同点ゴールを決めたとき、オイオイ泣いて見てました。
「私もがんばる、諦めない!」って。
その日にネット応募した会社に採用されました。

私が参考にしたサイトです。

しごと情報ネット http://www.job-net.jp/
タウンワーク http://townwork.net/00_lac_01/Fh00020s/
クリエイト http://www.d-dj.com/
アイデム http://www.e-aidem.com/
ユメックス http://locodoconet.jp/
とらばーゆ http://toranet.yahoo.co.jp/t/r/T101030s.jsp?ecd=01


nice!(1)  コメント(4) 

nice! 1

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
ぱらむ

採用する側としても、
ネットの速度で反応してくるくらいの人を採りたいどろうと思う。
のんびり、紙媒体が出回るまで反応しない人では、
今の仕事はむずかしいですよね。

年齢じゃないですよ、ほんとうに。
どこまで、スピードがあるか、
どこまで新しいものに付いていけるか、
どの職業でも(和風総本家風じゃないもの^^)同じだと思う。

私のかかわる業界でも、
いかにネットで情報が集められるか、
新しいアプリが出てもついていけるか、
そんなことで、意外と実力者のベテランがリタイアしてしまったり、
若くてもついていけない人もでたり、なかなかです。
自分でも、いつまで変化に対応できるのだろうと、
怖いような、楽しみなような^^;
by ぱらむ (2011-07-29 10:21) 

todahi

○ぱらむさん
 ここまでネットが先行すると、
 紙媒体だけだときついですね。
 ネットに限らず、どの時代も柔軟さとスピードは、
 必要なのかもしれない。
 これは求職者だけでなく、企業のほうも。
 
by todahi (2011-07-29 18:40) 

履歴書の通勤時間

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます!!
by 履歴書の通勤時間 (2011-08-31 00:38) 

todahi

○履歴書の通勤時間さん
 ありがとうございます。
 いま、求人担当をしています。
 履歴書の通勤時間さんの記事、
 参考になりますね。
by todahi (2011-08-31 05:49) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。