So-net無料ブログ作成

仕事があることは幸せです [仕事、頑張ってます]

入社直後には、絶対無理、有り得ないって思っていた、
同時にたくさんのことをやること、
人の顔をおぼえること、
等々が、少しずつできるようになってきた。

忙しさに慣れたというか、
忙しくないと、ちょっとつまらないぐらいまでになった。

3ヶ月めが一番つらかったな。
最初の2ヶ月は、新人だからしょうがないと思われたことも、
「もう、3ヶ月やっているんだから、いいかげんに」っていわれたり、
もうすでにいっぱいいっぱいなのに、
「やってもらいたいことは、まだまだある」っていわれたり。

このときには「がんばれ」っていわれるのが、本当につらかった。
だって、本当に今、もうこれ以上頑張れないぐらい頑張っているのに
あと、どう頑張ればいいんだ?って。

それが半年経って、やっと慣れた。
まだまだヒヨコだけど、あのころの自分から見たら
こりゃ、マジにすごいと思う。

叱ってくれる先輩がいることは、今は幸せと思う。
一時はノイローゼになるんじゃないかと思うぐらい、
数分おきに叱られていたな。
おかげで、出しっぱなし、すぐやらない自分の性格が、
ちょっと改善されたとも思う。

一番下っ端だから、理不尽なこともたくさん。
わかってもらおうと思うとすごいストレスになったりもした。

この半年で、理不尽なことにいつまでもこころをとらわれること自体が
一番自分が疲れることもわかった。

イチローじゃないけど、
どんな環境であろうとも、
自分がすべきことに集中することが大事なんだと。

ほんと、3ヶ月目ぐらいは、つらくてつらくて、
仕事をやめられる大義名分を探しまくったっけ。
辞めたい理由は、てんこ盛りに見つかったけど、
辞められない理由も大きいのがドカンと。(爆)

今は不景気だ。
若い子さえ、仕事がない。
なのに、私は、この年で、新しい仕事に就けた。
これは奇跡だ。
やめたら、次はないだろう。
ここが決まるまでの転職活動、あれに戻るのはいやだ!

最初の3ヶ月は、それが100%の辞めない理由だった。
けど、今は違う。

仕事をやめたいとは思わない。
うん、今は、仕事を楽しんでいる。
患者さんとのやりとり、
超忙しいことをこなしきれたときの快感を楽しんでいる。

先輩に注意される前にこなしきれるように、
これは、ゲーム感覚だ。

そして、あの頃は正直、顔をみるのさえつらかった面々が、
今は尊敬対象であったりもする。

あのとき、辞めないでよかった。
きっと辞めていたら、転職先はもちろん今も見つかっていないだろう。
でもそれよりも、「逃げた自分」を責めてもいただろうし、
自分自身の自信というものも、崩れ去ってしまったとも思う。

「ピンチはチャンス」
「門を叩け、そうすればあけてもらえるだろう」
「人事を尽くして天命を待つ」
「人を変えようとしても無駄、自分の考え方を変える」
本当にそうだと、からだを持って体感した半年だった。

たぶん、このまま私は辞めないと思う。

ただね、
やっぱり連休や、平日の休日は欲しいなぁとは思う。

まぁ、一山越えたかなって、そんな感じです。
nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
ぱらむ

北海道弁で・・・
「いかったね」 

ほんと、仕事があるって幸せなんですよ。
これからも、上位レベルの問題もあるでしょうけれど、
とだひさんなら大丈夫ですね。
by ぱらむ (2010-09-26 20:53) 

todahi

○ぱらむさん
 「いかったね」って、北海道弁だったんですか?
 わたしも使ったこと、あるよ。??
 はい、いかったです。
 いま、先輩が骨折したので、
 またまた大変モード突入ですけど、頑張ります。
 
by todahi (2010-10-16 15:28) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。