So-net無料ブログ作成

中仙道ハイキング(馬籠-妻籠-南木曾)+寝覚めの床 [旅行]

9/11と12で、木曾に行ってきました。

■1日目 中津川-馬籠-大妻籠 

中津川から馬籠まではバスで20分ぐらい

【馬籠宿】
0905 010s.jpg
0905 013s.jpg
0905 015s.jpg

馬籠茶屋の栗おこわ定食
0905 023s.jpg

自動販売機まで、町並みに合わせてある
0905 025ss.jpg

【馬籠宿-馬籠峠】 3.3km
ここからはずっと上り。
0905 027s.jpg

(高札)
 お上は、通達まで、上から見下ろすように。
 昔の人は近眼はいなかったのかしら。
 ど近眼の私には読めなかったよ。
 0905 029ss.jpg0905 028ss.jpg

0905 030s.jpg

0905 032s.jpg

0905 034s.jpg

【馬籠峠-下り谷-大妻籠】

 すごく素敵なトレイルコース。
 歩くのではなく走りたかった… 

(馬籠峠の峠茶屋のおやき)
0905 040s.jpg 
 
 峠を越えるまでは日が当たっていたけど、
 峠を越えてから、日陰が多くなる。

0905 042s.jpg

0905 044s.jpg

0905 047s.jpg

樹齢300年

0905 048-186ss.jpg

0905 048s.jpg

0905 053s.jpg

(男滝・女滝)
 男滝は水量が少なくてわからず…
0905 060s.jpg

かなりくだった。谷戸風景
0905 063s.jpg

急勾配だってわかります?
0905 064s.jpg

【大妻籠】
0905 066s.jpg

0905 067s.jpg

ここに泊まりました。波奈屋
0905 081ss.jpg

【妻籠まで、ライトのみで散歩】
 0905 073s.jpg

 チャリ用のライトで。ほか、まったく光なし。
 曇っていたので、星も月もなし。
 結構、ドキドキもん。でもおもしろかったぁ~♪
 
 0905 080s.jpg
 
 ※馬籠は栄えていたけど、大妻籠は、お店はな~んもない。
   お菓子を買うなら、馬籠で。

■2日目 大妻籠-妻籠-南木曾-寝覚めの床(上松)】

◎朝ラン (大妻籠-妻籠-下り谷-妻籠)

(大妻籠)
 0905 082s.jpg

(妻籠)
0905 084s.jpg

【大妻籠-妻籠】
 
ちょっと寝覚めの床ふう…♪
0905 088s.jpg

実るほどに頭を垂れる稲穂かな
0905 090s.jpg

【妻籠】

0905 096s.jpg

0905 097s.jpg

お天気が急に悪くなる。
0905 099s.jpg

このあと、すごい雨。
デジカメでの撮影はあきらめて、携帯電話のカメラで

道は川のように雨水が流れる。
でも、雨にぬれた森は、神秘的で素敵♪
090912_0944~01.jpg

【南木曽-上松(寝覚めの床)】
上松駅から寝覚めの床まではタクシーで。
20年前はお金は取られなかったけど、入り口で入場料を取られた。
でも、ひょっとしたら、そこを通らなければ払わなくて済んだかも…

0905 103s.jpg

【上松→奈良井】

奈良井宿の喫茶店から外を眺める
すごい雨…!
ちらっと見えているのはかご。
090912_1358~01.jpg

こんな橋がありました♪
0905 113s.jpg

************************************************************************
中仙道ハイキングコースは、馬籠より手前の落合宿から南木曾までの19.1km。
特に馬籠峠か下り谷までは、本当に昔の中仙道って感じで素敵な道でした。

あと、数kmごとにきちんとしたトイレがあり、しかもきれい♪

芭蕉の句碑や島崎藤村記念館、
たくさんの寺、
滝や沢、とにかく見所いっぱい。

ランナーなら、一気に走りたいコース。

急な雨で、洋風蛇の目傘を買ったけど、1本1050円。
きちんとした造りの傘で、これはお買い得。
(橋の写真で娘たちがさしている傘)

馬籠は栄えていて、食べるところとかたくさん。
妻籠、大妻籠は、小さなみやげ物やがあるだけで、
夜になると早々に閉まって、何も買えません。

でも各家々が、灯りをともしてくれていて、
これがまた実にきれい。
写真でうまく撮れなかったのが残念。
真っ暗闇の国道を歩くのも、これはこれでおもしろかったです。

妻籠から南木曽も本当に素敵だったけど、
とにかく雨がすごくて、写真撮る余裕はありませんでした。

また、行きたいな。
今度は一気に馬籠から南木曽まで走ってみたい!

馬籠から馬籠峠は急勾配なので、
馬籠→南木曽のパターンが楽です。
nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
ジェリコの屋根

素敵な旅でしたねぇ。うらやましいです。
肺の奥の奥まで。澄み切った空気で満たされたのではないでしょうか?

私もいつか、自転車で温泉宿にぶらり独り旅などしたいです。
なかなか時間と資金が。。。

少々質問です。
そちらでは「峠走」トレーニングはなさいますか?
例の全力で登って、全力で下るというアレです。

先日、2キロほどの丘で3本ほど初トレしてみました。
効果絶大ですね。特に下り。
腕は振れるし、ストライドは伸ばさざるをえないし。
下りのスピードは全く怖くありませんでした。童心に帰ったように
楽しめました(笑)

しかし・・・膝は。。。
痛めはしませんでしたが、継続してトレすれば必ずいつか痛めるだ
ろうな、と確信した次第です。

こんな時、膝サポーターなどを着けるものなんでしょうか?
それとも何のケアも無し?

アドバイスしていただけますか?
押忍!よろしくお願いします。
by ジェリコの屋根 (2009-09-14 21:55) 

はるま

リフレッシュできたようで、何より何より (*^0゚)v

30年以上前、大学生のときに友人と一泊目は奈良井宿、二泊目が妻籠
と、とだひ家とは逆コースですが、ほとんど同じ所をめぐりました。
寝覚の床も行った、行った。入場料取られたの~?

それにしても、たくさん歩いたね。
しかも、朝ランまで! さすがっ♪
by はるま (2009-09-15 00:22) 

ぱらむ

綺麗なところですね。
やはりランで通り抜けるのはもったいない、
ゆっくり景色をたのしみながら、歩くべきところみたいですね。

私も、いつかゆっくり旅行できる日を夢みてます^^


by ぱらむ (2009-09-15 09:28) 

todahi

○ジェリコの屋根さん
 レスが遅れてすみません。
 毎度のごとく、開設者なのに、コメントをはじかれていたので、
 朝、打てるときまで待つしかなかったです。

 まず、一人旅に関して。
 ほんと、ぶらりと上げ膳据え膳の旅に出てみたいですね。
 一人旅もどきなら、結構できますよ。
 自分の場合は、多摩丘陵を探検します。
 都心から30分もしないのに、谷戸風景、森を体感できます。
 こんなに素敵なところなのに、ほとんどいつも人がいないのが不思議。

 「峠走」
 ランニング雑誌で有効だというのは読んだことがあります。
 ただ、私はシリアスランナーではないので、
 いつも気分のむくまま走っています。
 いわゆるメニューとは無縁の生活で。
 だから、この手の質問にはまったくもって無力です。

 ただ下り坂が得意になると、全身の筋肉の動きがよくなると聞いたことがあります。
 逆に下り坂が得意でない人が、下り坂で飛ばす練習は、あまりしないほうがいいみたいなことも。まずは上手に下れるようになってからとのこと。
 ジェリコの屋根さんの場合、楽しめたわけですから、
 これはいい練習方法になるかもしれませんね。

 からだからの声には素直が一番です。
 無理して耳ふさいで走ると、ろくなことになりません。

○はるまさん
 木曽路、まじにファンになっちゃいました。
 なんて素敵なんでしょう。
 はるまさんも大学生のときに行ったのね。
 寝覚めの床、やはり入場料、変よね~。
 タクシーで行ったから、そこに連れていかれたって感じもなきにしもあらずです。
 走るようになって、距離感はまったく感じてないです。
 きっとはるまさんも、いま行ったら、楽勝だよ。

○ぱらむさん
 外国に行くのも素敵だけど、
 日本にはまだまだ未踏のすばらしいところがあるんじゃないかって
 思っています。
 木曽路は、最高でした。ほんと、またすぐにでも行きたいです。
 今回は全体的にゆっくり歩いたので、
 次回は走りたいところを走っちゃうと思う(爆)
 ぱらむさん、ほんと、ゆっくり旅行できるといいですね。
 北海道なら、一人旅までいかなくても、
 一人旅もどきで楽しめそうなところはたくさんあるような気がします。

 
by todahi (2009-09-17 06:26) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。