So-net無料ブログ作成
検索選択

初ウルトラ100kmを振り返って… [ウルトラに挑戦]

フルマラソンが、ようやっと4時間半を切れるようになったばかりの、
まだまだ鈍足ランナーである自分が、
よりによって、60km、70kmを飛び越し、いきなり100kmに挑戦した。

それも80kmまで上り基調という、山岳レースもどきのいわて銀河ウルトラ。

いつも自分は、ハーフの距離ぐらいまでは快調で、
その後、お尻が痛くなったり、脚が攣ったりして失速する。
いわゆる脚が動かないという失速ではなくて、
「痛い」から失速するというパターン。

過去に東京マラソンだけ、低血糖だかなんだかわからないけど、
意識が朦朧とした走りになった。

でもそれ以外は、全部、どっか痛い、どこかが攣った!ってことで、
失速する。

だから、100kmというのは、フルマラソンのその痛い状態で、
少なくても70km我慢して走らねばならないのかと想像していたわけで。

相反して、自分は探検がとても好き。
道路を一人で独占することも好き。

だから、銀河ウルトラ参戦前は、怖いような、楽しみなような、
えらいハイテンションなドキドキモードになった。

当日、絶好調。
遅く走っているつもりでキロ6分というのは、
過去の大会でもそんなにない。

だからね、ひょっとして、最初で最後のチャンスだったのかもなとも思う。
何のチャンスって、100km完走の。

20km過ぎの腹下しで、その後の5kmに1時間食いつぶし、
一気にまわりはゆるゆるランナーになって、
走れば抜くという展開。

これもきっと気持ちよかったのかもしれない。

エイドのたびにトイレに駆け込み、また後方に下がり、
また抜いていき…の繰り返し。

73.3kmの関門アウトにはなったけど、
たしかに脚は非常に重かったけど、
どこも痛くならなかった。
攣らなかった。

攣らなければ、どんなに脚が重くても、
それはつらくはない。

体験したかったな~、
歩くのもままならない状態が、ふとしたことで大復活する感じを。

でもなんで攣らなかったんだろう?
考えられることを列挙しておこう。
・エンライテン摂取
 (私が頼んだエンライテンは届かなくて、
  海実ちゃんが貸してくれた 感謝♪)
野菜ジュース摂取
・1週間前から、炭酸水2リットル/日飲んだ
・おなかを下したことによる、エイドごとの強制ストレッチ強制休養
・ひょっとしてランナーズハイだったかも。
 楽しくて仕方なかった。
 関門に間に合わないと思ったときだけ、ちょっと走れなくなったけど、
 それ以外は楽しかった♪
・腹下しのための薬「ストッパー」摂取
 (ひょっとして水分を溜め込むとか、何かしら副作用があった?)
・感覚としては、ゆっくり走った。一度もムリせず。

普通に考えればエンライテンなのかな?
でも今回はあまりにいつもと違うので、
本当の理由はどこにあるかわからない。

フルでもこんな脚の状態だといいのにな。
最後まで失速しない(攣らないで、痛くならない)で、
フルを走れたらいいのに~。

本当は10月の24時間チャレンジ走がまた岩手である。
しかも第一回の大会。出たいな~。
でもムリかな~。
そしたら平塚公園の24時間にチャレンジしてみようかな。
100km走ったら、もう走らないということで、やってみたいな~。

って、とーちゃんに相談したら、だめって言われた。
でも、少しずつプッシュしていこう。
nice!(0)  コメント(9) 

nice! 0

コメント 9

はるま

コレを読む限り、とだひさんも、「24時間」行ってしまいそうだね。
うちは、夫に聞いてないや。いつも事後承諾。
というか、「これこれこういうことになりましたのでヨロシク。」って言うだけ。
一度、「○○していい?」って聞いたら、「どうせ、ダメって言ってもやるんだろ?」
と言われちゃった。自分がやるって決めたら、あとは、「ご機嫌取り」にいそしみます。

なんか、私たち、間違った方向へ進みつつある…?
いいのか、これで。

今回のウルトラで、脚の不調がなかったのは、終始、無理のないスピード
だったからじゃないかなあ。
トイレでの休憩(ストレッチ)も功を奏したんじゃない?
フルの場合、失速する前に、いっときでもオーバーペースだったり
自身の目標もあるから、気負う部分もあると思うのよね。
by はるま (2009-06-29 22:50) 

ぱらむ

ところで、○○したいというと、だめという理由はなんなんでしょうね。
うちの親なんかもなんでも先ずだめがでるけど、
理由は寂しいとかそういうくだらない理由。
夫族?がだめという理由はなんなんだろうと考えてみるが、どうも分からない。本当のところなぜなんだろう。
by ぱらむ (2009-06-30 08:07) 

todahi

○はるまさん
 ほんと、私ら、何しているんだろうね。
 けど、ウルトラって、想像していたものとは全然違うものだった。
 自分の場合、今まで速く走っても遅く走っても、3時間後には攣る、という パターンだったんだよね。
 東京マラソンなんて、楽しもうと思って、本当にゆっくり走ったんだよ。
 なのに32kmで攣った。
 しかもあのときは、朦朧とまでしちゃったし。
 だから、完走できなかったけど、今回は快挙なんてもんじゃないんだよね。
 やはり強制的ストレッチ効果かなあ。
 ということは、これからもエイドごとにしゃがめばいいってことかな?
 エンライテンも案外いい線いけているんじゃないかと。
 確かめたいんだよね。
 24時間、岩手が本当に楽しそう。仲間もいるし。
 でも私、もう2泊はムリ。
 朝出てという強行もありえるけど、う~むって感じ。
 もう少し考えてみる。

○ぱらむさん
 半分は心配、半分はいなくなることで不便になるからかなあっと推察する。
 だんなさんがランナーで奥さんがサポートという例はたくさんあるけど、
 その反対というのは、奥さんがかなり速くない限りはないかもね。
 精神的な安定と引き換えに、失ったのは自由かな。
 だからウルトラが楽しかったのかも。
 あんなに長い時間、一人で走れるなんてことないもん。
by todahi (2009-06-30 18:07) 

まさどん

一応、曲がりなりにも「夫族」の一人ですけれど…
相手が本当にやりたいことだったら止めたくないと思っています。
まぁ、カルト宗教とかだったら止めますけれど。
私の相方はランナーではありませんからそう言うことはないんですが、ウルトラとか24時間とかいうと、本人の身体のことを考えますよね。でも、参加したいという気持の中には、冒険心とか未体験ゾーンへのワクワク感とかあると思うんですね。これもわかります。だから、多分、止めないでしょうね。やりたいことだったらやったら良いよ。ただし、自分の身体のことは充分に考えること…なんて言って送り出したいなぁ…♪
by まさどん (2009-07-02 00:41) 

todahi

○まさどんさん
 たぶん、我が家も、私のからだを思ってのことだとは思うんですよね。
 だって、ふつうの人の感覚からいったら、100kmとか24時間というのは、
 ありえない世界ですから。
 もう少し冒険心とかワクワク感を上手に伝えられればいいんですよね。
 ふむ。
 ウルトラのときの条件に、「絶対ムリをしないこと」「翌日、使い物にならないぐらいのからだまでしないこと」でありました。
 そうなる前に関門アウトになっちゃったけど。
by todahi (2009-07-03 08:21) 

まさどん

わくわく感を感じているんだなぁ…とは理解されているんだと思うんですよ。そういうのが大好きなことはちゃんと理解している。でも、それだけで行かせるのは…ちょっとなぁ…という感じなんじゃないでしょうか。 マッキンレーに登るというような冒険ではなくて、これだけの人が元気に完走していて、重大な事故は起こっていないし(つまり、大会自体の安全性ですね)、自分でもこういう練習をして、当日はこういう風に走ろうと思う…これは自分自身の安全管理です…このあたりをアピールしてみてはいかがでしょうか?

私のことになりますが、実はおととしの終り頃に、ふとフルマラソンの募集を見て走りたい!って思ったんですよ。それまで全然運動らしいこてゃしてなかったんですけれどね。でも2カ月弱はあるから何とか歩いても行きたい!と言ったんですね。 そうしたら見事に却下でした。そりゃ~、もう、けんもほろろでしたよ。で、1年延期して今年の1月に初フルになったんです。 今の感じだと100kmくらいまでは何にも言わないと思います。

無謀に見えるようなことをやるのは確かに面白いですよね。でも実際にやるとなったら計画的に進める必要があるわけで、その辺の計画的な部分をアピールした方が理解は得やすいのかなと。

by まさどん (2009-07-03 13:04) 

todahi

○まさどんさん
 ワクワク感は、いわて銀河ウルトラは十分に伝えられました。
 あれは一種の旅ですから。
 しかし平塚の24時間は、同じところをグルグル回るし、
 夜走るし、とーちゃんには理解不能の境地のようです。
 私は夜だからやってみたいし、
 周回路だから、トイレの心配がないときの自分のおなかがどうなるか
 試してみたかったりするのですが。
 まさどんさん、奥さんに反対されて、一年目はやめたんですね。
 もう大丈夫みたいでよかったです。
 計画的に進める必要があるのですが、
 練習の段階で40km以上走ったときも内緒です。
 もう、この段階から心配されちゃうので。
 だから、私にとっては、これはすごくハードルが高いんですよね。

by todahi (2009-07-03 18:20) 

sumisumi

こちらでははじめまして♪

私も宮古島にトラやりに行きたいと言ったとき、意味不明な言葉で止められました♪

それまで色々と練習やら大会やらに出て準備もしてきていたのにほんとがっかり(^^;)

いつかは一人で行っちゃうもんね~(>▽<)イヒヒヒヒ!!

by sumisumi (2009-07-14 20:23) 

todahi

○sumisumiちゃん
 やっぱり言われましたか~。
 トーちゃん族は、きっとかーちゃんが心配なんでしょうね。
 からだも心配だし、糸の切れた凧みたいに、どっかにいっちゃいそうで。
 宮古島のウルトラは16時間制限だから、私も行きたいんです。
 トライアスロンは有名ですよね。やっぱり宮古島行きたいよね~。
 ほんと、いつかは一人でいっちゃおう、私も~。
by todahi (2009-07-15 19:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。