So-net無料ブログ作成

銀河ウルトラ100km 未完走記 概要なのに長文(^^;) [ウルトラに挑戦]

今、帰りました。ただいま~♪

銀河当日の予報は晴れ。

晴れといっても、朝の岩手は寒いぐらい。

気分ルンルンでみんなと一緒にスタート。

なぜかすごく調子がよくて、
ゆっくり走っているのに、下手すると、6分切りそうなほど、からだが軽い。

もしかしてもしかして…って気持ちでワクワク。

いつのまにか一緒に走っているのはTaiTanさんだけになり、
上りに差し掛かりそうだったので、先に行ってもらい…。

本当にここまでは
フルの自己ベストも出るんじゃないかってなぐらい快調で、
自分としてはまったく飛ばしている感覚なく、ゆっくり走っている感じ。

私の闘いはなんと、5kmから始まった。
急におなかが差し込んできて、
それからは各エイドごとにトイレを探す状態に。
でも仮設トイレは長い行列。
レース途中にトイレ経験、いまだなく、
仮設トイレなんて、とんでもないと思って
20kmまで我慢。

20km通過が2時間10分。

20kmのトイレは消防署のを借りて。
そこでも並んで、私の次に並んだのは男性。
恥ずかしいから、もう少し離れてと頼み、
背に腹は変えられず…。
でも男性は、その次に並んだ方とおしゃべりを始めてくださり、助かりました。
(ありがとうです)

しかし、その数分後、再度差し込み、
今度は公民館のトイレへ。
ここは男女別だったので、ゆっくり。
なんと20kmから25kmの5kmに1時間もかかってしまう。


だんだん日が昇るにつれて暑くなり、
初のかぶり水を体験。

何度目かはおじさんに首にかけてもらったり。

おなかの機嫌は直らず。
20kmからは、各エイドごとにトイレに駆け込む始末。
仮設トイレだけは入るまいと思って参加したはずなのに、
その仮設トイレでさえ、ありがたく…。
男性が横の道にそれて、用を足していくのを見て、自分が女だったことをのろってみたり。

今回のレースで一番活躍しているのは、括約筋だわなんて、どうでもいいことを思いながら、

それでも一向に攣る気配はなく、
各エイドごとにトイレロスするものの、キロ7分は維持できて、
とうとう難所の急坂とトンネルに。

急坂は早歩きのほうが速いか、小走りジョグのほうが速いか検証しながら。
結論は、速いのは早歩き、でも最後まで楽にいけるのは、ひょっとして小走りjogじゃないか?なんて。

急坂を登りきって、関門通過が6時間36分。
これは私が残りをキロ9分で走りきるためのぎりぎりの時間。

そしていよいよ長い真っ暗なトンネル。
トンネルには歩道があって、最初は歩道を。
でも足元真っ暗、何も見えず、何度も壁にぶつかり、しかも歩道は高いので、反対側だとこけそうで。
途中から車道に下りて、スコーンを目安に。
携帯のライトも場所場所で使用。

意外にトンネルで時間をつぶし、どんどん貯金がなくなる。

あいかわらず括約筋大活躍。脂汗たらたら。
仮設トイレ様々。

途中ふらふらしている男性に、「今、がんばれば次の関門間に合いますよ、がんばりましょう」と声をかける。

でも、男性、「もう、ここでやめます。眠くて」

そこからほとんど一人旅。
でも道はとてもすばらしく、
私はこういうことがやってみたかったので、すごく楽しくて。
でもトイレはいきたくて、
応援のおばあちゃんに、「すみません、トイレ貸してください」って頼むと、
「へっ?」といわれ、
これは時間かかりそうだし、靴も脱がなければいけないのだと思い直し、
「やっぱり我慢します」と去る。

第二関門レストステーションに到着したのが、13時ジャストぐらい?
残り9分ペースで走るためのぎりぎりの時間。
しかし私の預けていた荷物がなかなか出てこない。
トラブルがあって、しばらく待たされる。
トイレも済まし、再びそこを出たのが、20分。
次の関門まで、7分ペースでいかなければならなくなった。

がんばったけど、もはや7分で走る脚はなく、それでも歩かず入り口のところで関門時間。
あと3分というところでタイムアウト。

もう少し走ったけど、
制限時間内だったのは、入り口だったので、私の記録としては73km。10時間20分なり


収容バスに乗った直後は、正直ほっとしたけど、体が回復するにつれて、悔しさがこみ上げて。
でもバスの中でも新しいお友達ができて、それはそれで楽しかった。

そのあと、やはり一向に攣る気配なく、
当日とうとう攣らずにすんだ。

これは私にとっては大快挙。
完走できなかったけど、73km走ったのに、脚が攣らなかったのはすごく嬉しい。

攣らなかったのは、強制的ストレッチをエイドごとにしたせいかしら。

岩手のコースは最高でした。
正直言うと、明日でもまた走りたいです。
筋肉痛はあるけど、からだはすごく元気。
ちょっと膝のうちがわに炎症を起こしているので、急坂を下るところまでいかなかったのは、かえってよかったかもしれない。

ウルトラにはまりそう。
別世界でした。

応援ありがとうございました。
とても励みになりました。
荷物が多くなったので、宅急便にした中にカメラも入っていて、写真は後日。
明細も後日。

いつもはエイドの食べ物ばかり見るけど、
今回はトイレと、景色を堪能しました。(爆)
nice!(0)  コメント(11) 

nice! 0

コメント 11

海実子(みみこ)

お疲れさまでした。
攣らなかったのは良かったですね。もしかして、トイレごとにしゃがんだから?(これがとだひさんの言う、強制的ストレッチ?)
でも、あながち間違っていないかも知れませんね。

しかし一方で、なぜお腹が痛くなったのか?なぜストッパは効かなかったのか?その疑問は残りますね。

これでウルトラはまっちゃった?
だとしたら、このピーの原因を探さなくちゃね。
そして次に生かせれば、次はもっともっとエイドを堪能できるでしょう。

前腿の筋肉痛、しばしお楽しみください。
フルじゃ経験できないんだから。

by 海実子(みみこ) (2009-06-15 20:27) 

くろ

お疲れさまでした♪ 近いうちにお話聞かせてください☆

このウルトラをきっかけに攣らないようになっていくと良いですね!

お腹は緊張ですかね。。 大変でしたね。 胃は良く聞くけど。。 
by くろ (2009-06-16 00:32) 

チェリー

お疲れ様でした(^0^* )
やはりウルトラは壮大なドラマがありますね(汗)
体験した者にしか分からない何かがあると思います
今回のとだひさんはあらゆる意味で今までの自分を超えて新しい自分を発見出来たでしょうね☆

足は数日はむくむと聞きます
ゆっくりケアしてのんびり過ごしてくださいね(*^▽^*)
by チェリー (2009-06-16 08:45) 

みなみ

おかえりなさ~い!
私も東京駅まで迎えに行きたかったなぁ(^o^)

5kからすでに腹痛との闘いだったんですね。それは大変だ~。
もしかして、トイレのことを気にしすぎていて、精神的なストレスから本当にぴーになっちゃったんじゃないかな?なんて思ったりしたのですが。
それと、とだひさんが言うとおり朝のコーヒーのせいかな?

でもとだひさんもすっかりウルトラに目覚めちゃいましたね!
次回はきっと完走できますね。
今はまだテンションが上がったままで疲れを感じないと思うけど、膝の炎症が治まるまではゆっくりしてくださいね~。

by みなみ (2009-06-16 09:55) 

まさどん

いや~~、お帰りなさい~♪
元気に帰ってこられて良かったですね~。
一週間くらいは色々あるかもしれませんから、どうぞお大事にしてくださいね。

我が家では、はるまさんのブログを見たり、リンクをいろいろたどって東京にいながら岩手銀河をほんのちょっと垣間見させていただきました。
来年は行ってみたいなぁ…なんてほんのちょっと思ったりしました。
このブログを見て、東京からの参加者が増えたりして…笑♪

身体が本当に元気になったらで結構ですので、詳しいお話のアップ…楽しみにしています。
by まさどん (2009-06-16 14:02) 

すぅ

お疲れさまでした。
東京からの遠征で体調管理も大変だったと思います。ピ~に関しては当日の薬だけではなく、普段からの体質改善も必要かもですね?

来年は完走して、今年より100倍美味しい乾杯をしましょ(^^)v
by すぅ (2009-06-16 18:07) 

♪まき

おかえりなさ~い!\(^o^)/

無事で良かった~。さっそくの日記もありがとうございます。
また後日写真を楽しみにしています♪
10時間も・・・お疲れ様でした(^-^)。 
by ♪まき (2009-06-16 18:12) 

Para

改めてお疲れ様でした。
写真も楽しみ!

ワタシ、初フルのときにお腹ピーで泣きました。 それまで鉄の胃腸を持つ女、と言われてたのに何故今?何故?と泣きました。
でも今ではいい思い出?

とだひさん、今度ゆっくり遠足ランしながらお話したいですね~~~~。

by Para (2009-06-16 22:33) 

todahi

○海実ちゃん
 たぶん、ウルトラだから、前腿が張ったというよりは、
 上り基調だったから、前腿が張ったんだと思うんだ。
 ウルトラは、まるで遠足でした。
 一緒に走っているランナーは、ライバルではなくて仲間って感じだし。
 別世界でした。
 おなかが痛くなったのは、安比高原合宿のときと同じ。
 コーヒーが原因だと思う。
 もしくは、私はハイテンションになると、ピーになりやすい傾向で、
 今回のことは、あまりに楽しみだったので、そうなったのかも。
 そこに仮設トイレだけはいやだという思いがあって、
 トイレ不安が加わってって感じかな。
 ストッパーが効かなかったのではなく、
 トイレで、十分に荷物を降ろしきれなかったからだと思います。
 だって並ばれているんだもん。焦るよ。

○くろちゃん
 私って、昔から初デートのときとか、ピーになりやすく、
 ムードもへったりくりもないやつで…。
 今回もそれに似ているか、もしくはコーヒーかなって思っています。
 ちょっとかすみの後から、走り方を変えたんです。
 それで攣らなくなっていたら、まじに嬉しいけど、
 やはり強制的ストレッチ効果?

○チェリーさん
 それが、かすみがうらマラソンや東京マラソンのときより、
 ダメージがないんです。
 おそらく強制的ストレッチ、強制的休養、
 そしてゆっくり走ったせいかなって。
 ウルトラの醍醐味を体験する前に関門アウトになってしまいました。

○みなみちゃん
 ひざの炎症は、疲労だって。
 きょう接骨院で、もう治っているといわれました。
 回復力だけは、ぴか一かもだよ、自分。
 バレーやっていたときから、みんなに驚かれていたから。
 おなかは、みなみちゃんの想像どおりだと思う。
 昔から、すごく楽しいとかわくわくするときに限って、こうなりやすく、
 苦労していました。
 やはりストッパーも、お荷物を降ろさないと効かないってことなんだと思います。

○まさどんさん
 これだけランニングブームになった今、
 もはやウルトラの世界だけが聖域になりつつあるような気がします。
 まさしく旅でした。
 写真、撮っていたつもりで、あまり撮っていませんでした。
 期待に応えられないかも~。

○すぅさん
 おなかの調子、いま現在も完璧ではないです。
 しっかり治ってから、銀河ビール飲むつもりです。ああ、楽しみ。
 来年は、すぅさんのギャラクシー?なんとか、もう忘れている、
 そのお祝いですよ~。

○♪まきちゃん
 はい、無事に帰ってきました。
 無茶するしないを選択する余裕もなく、
 関門アウト。
 これぞ、ウルトラの醍醐味を体感する前に終わっちゃったです。
 写真、あまり撮っていなかった。あれ~?って感じです。

○Paraさん
 ところがどっこい、写真が、あれ?って感じで、
 あまり撮っていませんでした。
 ピーはウルトラだったからというより、
 緊張だったと思います。
 Paraさんも初フルがそうだったのね。
 仮設トイレはいやだよね~。
 並ばれたら、最悪です。
 私も胃腸は丈夫と思っていたのに、
 それも年に何回かしか来ないピーが
 大事な日に限って(わりかたいつもそうだ)
 なぜなぜでした。
 仮設トイレの洗礼を受けました。
 Paraさんも脚が回復してきたみたいでよかったです。
 ほんと、ご一緒したいです。
 
by todahi (2009-06-16 23:08) 

TaiTan

とだひさん、お疲れ様でした。
昨日は帰宅してから爆睡しました。
それにしてもピーは大変でしたね。
逆にいうとピー問題がなければ完走できているということですよ。
とだひさんは結構ウルトラに向いているかもです。
来年リベンジするしかないですね。今度は背中を押されたりして(^-^)v。

本当に楽しいマラソン旅行でした。ありがとうございました。
by TaiTan (2009-06-16 23:26) 

todahi

○TaiTanさん
 神田駅で下りちゃってすみませんでした。
 ピーをあそこまでひきずっていました。
 けっこう青かったんですよ、あのとき。
 本当は、私の走れなかった73kmから先の話を
 もっともっと聞きたかったです。
 ほんとにピーになっていなかったらどうなったかしらとは思いますが、
 ひょっとして攣らなかったのは、
 あの強制的ストレッチ、強制的休養のおかげかもなんですよね。
 こればかりはわかりません。
 ウルトラの本当の苦しさを体験するまえに関門アウトになったのは、
 やはり残念です。
by todahi (2009-06-16 23:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。